解決事例

A氏のケース

父が所有していた会社設立時の発行株式を母が相続し、母の依頼で発行会社に買取を希望したものの法律知識がなく正当な価格の判断ができなかった。
株式買取相談センターに相談し、概ね簿価純資産価格に近い希望価格で買い取っていただいた。

B氏のケース

祖父が会社設立時に発起人として所有していた発行会社の株式を祖母が相続し、祖母が他界したため、孫であるB氏が相続した。
発行会社に買取を申し出たが、数十年前の発行時の価格で買取る旨の回答があった。
しかし、発行会社の業績の拡大により現在の簿価純資産とのかい離が大きく納得できず、株式買取相談センターに相談した。
最終的には、発行会社の提示価格の2.5倍近くで買い取っていただいた。

C氏のケース

発行会社の役員在任時に所有していた発行会社の株式を、役員退任後、高齢になったので、相続時に問題がないように、発行会社に買取を申し出たが、希望価格と実勢価格との間に大きなかい離があるので、株式買取相談センターに相談した。
最終的に希望価格に近い金額を提示して頂いたので、売却し、数年来の悩みも解決し、相続時の相続財産の確保ができた。

無料相談受付中

ご不明なことは、お気軽にご相談ください秘密厳守

2019年5月31日

Copyright© 株式買取相談センター , 2019 All Rights Reserved.